トップページ > OMConsulting ブログ > ビジネススキル
OMConsulting ブログ

ビジネススキル

SNSに関するパワハラが増加


株式会社 OMコンサルティング代表の岡本裕紀です。

 

フェイスブックを筆頭に、

ますますユーザー数が拡大している
ソーシャル・ネットワーキング・サービスですが、

ここに来て新たな問題が浮上しているようです。

 

その問題とは、SNSに関するパワーハラスメント。

 

パワーハラスメントは社会的に大きな問題として
捉えられていますが、

その問題がSNSのユーザーにも及びつつあるというのです。

 

最も多くみられる例として、職場の上司に
SNSで友達申請するように命令され、

上司の投稿に対して何らかのアクションを起こさなければ
上司から避難されるというもの。

 

また、なかには上司の投稿に対してコメントをするように
しつこく電話やメールで迫られたという実例もあがっています。

 

友達を解除すれば職場での人間関係に悪影響が及ぶ恐れもあるため、
泣き寝入りするしかない状態に陥っているようです。

 

これら新たなパワハラは

「ソーシャルメディア・ハラスメント」

と呼ばれており、今後さらに拡大してしまう恐れがあります。

 

この問題を解決するためには、ユーザー一人ひとりが
常識を持った対応をするしかないのかもしれません。

2013年1月13日 09:27

採用・転職にSNSが活用される?


株式会社 OMコンサルティング代表の岡本裕紀です。

 

フェイスブックやミクシィ、ツイッターなど、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスが広く普及してきましたが、

何とSNSを新卒採用や中途採用に活かそうとする企業が現れたそうです。

 

これまで、ほとんどの企業は新卒・中途の転職サイトとして知られている
リクナビやマイナビなどを利用していますが、


フェイスブックやミクシィ、ツイッターなどに切り替えて募集をかけた企業では、
転職サイトで募集をかけていた時と比較して
400万円以上のコスト削減にもつながったそうです。

 

また、新卒・中途の転職サイトから応募してくる希望者より、
SNSから応募してきた希望者のほうが質も高かったとのこと。

 

ただ、募集してくる数で見ると、まだまだ転職サイト経由のほうが圧倒的に多く、
今後は質が高い人をSNSを活用してどれだけたくさん集められるかということが、
企業にとってポイントとなるでしょう。

 

ちなみに、友だちとワイワイ馬鹿騒ぎしている写真などの投稿は
就職・転職活動にマイナスポイントとなるのではないかと
思う方もいらっしゃるかもしれませんが、


ほとんどの企業では社交的な人間として捉え、逆にプラスポイントとなるそうですよ。

2012年2月27日 09:36

ソーシャルネットワーキング成長動向

SNSこと、ソーシャルネットワーキングの成長
活性化しています。


このSNSに関する調査結果によりますと、
引き続きこの業界は成長傾向にある事が分かり、
この1年で全体的に13%ほど増加しているのだそうです。


SNSのユーザ数増加の要因として大きくなっているものは、
注目を集めたTwitterのユーザ数が増加した事が大きいのだと言います。

SNSのユーザ数は、確実に増加していると言う事も、
推移グラフをチェックすれば一目瞭然です。


こうした事からも、SNSのユーザが望んでいる事は、
特定の興味を元にユーザが集まる特化型SNSの成長が顕著なのだそうです。


ジョギングマラソンなどのエクササイズに特化した、ジョグノートも、
ユーザ数は2.5倍に伸びるほどになっています。

その他、地域情報に特化したロココム、
ビジネスマッチングに特化したリンクトインなども、
SNSユーザが増加しています。


検索エンジンもgoogleなどが、フェイスブック上で共有されたリンクが、
検索エンジンの順位に影響を与えているなど、
SNSがインターネットの世界で影響力を強めている事は、
もはや明確な事となっているようです。 

2011年2月 9日 07:45

大学の就職活動がどこまで役に立つ?

就職氷河期などとも言われており、
こんな時代だからと、大学側も
就職活動に積極的になっているようです。


 

私も大学に入った時は、大学という環境の事しか考えていませんでしたから、
大学3年生から就職活動をするなんて思っていませんでした。


実際に、大学の就職活動は、3年生から始まっているようです。

 

しかしながら、この参加は行事と同じで自由参加なので、
大学ライフを満喫したければ参加しなくて良いようです。


大学での就職活動がどこまで本番の就職時に役に立つかと言えば、
それほどでもないというのが現実。

 

全ての就職活動イベントに参加したとしても、
面接で落ちる人は落ちてしまいます。


人柄、なども結構面接で見られているようですが、
大切なのはいかにポテンシャルを持っているかという事。

 

資格というよりもやる気が重視されているように見えます。


かといって、大学の就職活動も無料で参加できますし、
学費を払っているのですから、
履歴書の書き方くらいは学んでおきたいですね。


ただ、大学3年からガチガチになって
就職活動をする必要もないでしょう。
 

2011年1月28日 08:19