トップページ > OMConsulting ブログ > アメリカとロシア、再び冷戦に突入か
OMConsulting ブログ

アメリカとロシア、再び冷戦に突入か

2013年8月12日 09:55


株式会社 OMコンサルティング代表の岡本裕紀です。

 

アメリカとロシアが、
再び冷戦状態に陥りつつあります。

 

このきっかけとなっているのが、
アメリカCIAの元職員で現在ロシアに亡命している
エドワード・スノーデン容疑者です。

 

アメリカはスノーデン容疑者を捉えるために
各国に協力体制を要求していましたが、

ロシア側はこれに応じず、
スノーデン容疑者の一時亡命を受け入れています。

 

ロシア国内ではプーチン大統領が再選して以来、
アメリカ批判の風潮が強くなっており、

アメリカのオバマ大統領はプーチン大統領に対して
明らかな不信感を表明しているようです。

 

さらにロシアとの首脳会談をキャンセルするなど、
両国の対立は日に日に色濃くなってきています。

 

アメリカはロシアだけでなく、
経済大国へと成長を遂げた
中国とも決して良い関係にあるとはいえません。

 

もちろん日本と中国の関係も緊張状態が続いていますが、
世界の大国間で緊張状況が続くのは少し心配な気もします。

 

今後、どのような展開が待ち受けているのか
想像すらできないものの、

やはり世界平和に向けて日本はもちろん
各国も歩み寄ってほしいものです。