トップページ > OMConsulting ブログ > サムスンの快進撃は続くのか?
OMConsulting ブログ

サムスンの快進撃は続くのか?

2013年8月17日 09:44


株式会社 OMコンサルティング代表の岡本裕紀です。

 

サムスンは、スマートフォン
「ギャラクシーシリーズ」で
一世を風靡している韓国を代表する企業です。

 

ギャラクシーシリーズは
アップル社製のiPhoneを凌駕するほどの
勢いを見せていますが、
ひとつ懸念されていることがあります。

 

それは、ここに来て成長の鈍化が見られる

ということです。

 

今年4?6月連結業績で
過去最高を記録したサムスンですが、

主力部門である携帯端末部門が
前期比3.5%減に落ち込んでいます。

 

また、連結業績自体においても
市場の予測を下回ったため、
サムスン神話の崩壊が嘆かれ始めているのです。

 

株価についても軟調傾向にあり、
成長の鈍化が危惧されています。

 

韓国の国内総生産において、
サムスンは約2割を占めています。


つまり、サムスン神話が崩壊するということは、
韓国経済にも暗い影を落とすことにつながりかねない

といえるでしょう。

 

今後、サムスンが成長を続けることができるのか、
7?9月決算の結果が判断材料のひとつになります。