トップページ > OMConsulting ブログ > 統一球問題でプロ野球界に激震
OMConsulting ブログ

統一球問題でプロ野球界に激震

2013年6月14日 14:46


株式会社 OMコンサルティング代表の岡本裕紀です。

 

日本のプロ野球では、
2011年から統一球が使用されています。

 

それまでは各球団が選んだボールが使用されていましたが、
ボールを統一球にすることで
国際大会への影響を最小限にするために変更されたのです。

 

統一球は“飛ばないボール”とも呼ばれており、
導入後はホームランの数が激減しました。

 

そして、今シーズンでも統一球が使用されています。


いや、使用されているはずだったのです。

 

昨年までと比較すると、
今シーズンのホームラン数は激増しており、
ファンの間では統一球への不信感が募っていました。

 

そして13日、実は今シーズンでは
統一球が使用されていないことが明らかになったのです。

 

これにより、日本プロ野球機構に向けられる
ファンの目は厳しくなっています。

 

加藤コミッショナーはこのことを知らなかった
と話していますが、

それでは組織自体が機能していない
とも捉えられてしまうでしょう。

 

今後、信用回復のためにいかなる策を打ち出してくるのか、
そしてなぜ内密にボールを変えたのか、
真相を明らかにしてもらいたいものです。